アスベスト分析

分析価格表

外壁塗材分析の詳細

下の分析価格表は、スマホでは横にスクロールしてご確認ください。

推奨分析方法 吹付け材 蛭石 建材・塗材
JIS A 1481-1 偏光顕微鏡使用 定性+簡易定量 22,000 28,000 28,000
2014年3月に国際規格(ISO 22262-1)がJIS化され、追加された分析方法です。
高精度かつ短納期で分析結果をご提供できます。加えて定性と同じ料金でおおよその濃度範囲も求めることが可能ですのでご好評をいただいております。(簡易定量)
不検出 / 検出 / 0.1%~5% / 5%~50% / 50%~100%
JIS A 1481-2 位相差顕微鏡とX線使用 定性 - - -
JIS A 1481-3 位相差顕微鏡とX線使用 定性+定量 30,000 - 38,000

分析方法の流れ 要約

分析手法 分析項目 規格No.など
偏光顕微鏡 実体顕微鏡と偏光顕微鏡による同定 定性分析及び簡易定量 JIS A 1481-1
従来の
分析方法
位相差顕微鏡による分散染色法及びX線回折法 定性分析
(アスベスト含有の有無を分析)
JIS A 1481-2
定性&定量分析
(アスベスト含有が確かめられた場合、その含有率まで分析)
JIS A 1481-3

定性分析とは

定性分析とは、アスベストが「含まれているか否か」を調べる分析のことです。

定性分析=アスベストの有無を分析(0.1%を超えて含有しているか分析)

定性&定量分析

定性&定量分析とは、アスベストが含有しているか否か、また含有していた場合は含有率をパーセントで測定します。
*アスベスト含有なしの場合は定性分析で終了

定性&定量分析=アスベストの有無を分析 + アスベストの含有率(%)

資格認定証

石綿分析技術評価事業 JIS A1481-1,2,3認定書。公益社団法人 日本作業環境測定士協会

石綿分析技術評価事業Aランク認定証JIS A 1481-1
JIS A 1481-1、合格認定書
公益社団法人 日本作業環境測定協会
石綿分析技術評価事業Aランク認定証JIS A1481-2,JIS A1481-3
JIS A 1481-2、JIS A 1481-3、Aランク認定書
公益社団法人 日本作業環境測定協会

JIS A 1481-1 分析方法

実体顕微鏡(双眼鏡の顕微鏡版のようなもので2~50倍程度の倍率で立体的な観察が可能な顕微鏡)と偏光顕微鏡を主に用いてアスベストを定性定量する分析方法です。 簡単な流れとしては、まず最初に実体顕微鏡で分析試料に含まれるアスベスト繊維を確認しながら、アスベストが含まれているであろうと思われる部位をピックアップして、ピンセットで採取後偏光顕微鏡で確認します。 偏光顕微鏡観察では、多色性、消光角、伸長の正負、複屈折、形態、分散色等多種の高学位的情報を観察してアスベストの有無判定を行います。

偏光顕微鏡はもともと鉱物学や結晶学の研究で多く用いられているため鉱物の1つであるアスベストの光学的特性(多色性、消光角、伸長の正負、複屈折、形態、分散色)を多角的にとらえることにより非常に短時間に分析が可能な手法です。

またアメリカ以外でもHSE(イギリス)、ISO(国際規格)等が同様の方法を採用しています。

JIS A 1481-2、JIS A 1481-3 分析方法

アスベストの分析に関しましては、厚生労働省通達の「建材中の石綿含有率の分析方法について」(基安化発第0622001号)に基づき分析をいたします。
以下、分析手順の概要を示します。


1、試料の採取

分析対象の建材から適切な量の試料を採取します。(試料採取方法)

やじるし

2、分析用試料の調整

当該建材の形状や共存物質の状況に応じて、研削、粉砕、加熱等の処理を行った後、分析用試料を調整します。

やじるし

3、定性分析

分析用試料に石綿が含有しているか否かについて、位相差顕微鏡を使用して分散染色分析法による定性分析及びエックス線回折分析法による定性分析を実施し、石綿の含有を確認します。

位相差分散顕微鏡
位相差分散顕微鏡(Nikon)

(a)分散染色分析法による定性分析

分散染色法は、石綿の屈折率と使用する浸液の屈折率の関係によって、各石綿が特有の分散色を呈すことを利用し、位相差分散顕微鏡を用いてその分散色を観察する簡易分析法です。

X線回折装置 (Rigaku)
X線回折装置(Rigaku)

(b)エックス線回折分析法による定性分析

一定波長のX線を照射し、結晶中の原子により回析するX線を検出する事により結晶構造を構成している物質が特定できる分析方法です。
これにより、試料中に石綿が含まれているかを分析します。

(c)石綿含有の確認

上記(a)(b)による分析結果に関して、定められた判定方法により、石綿含有の有無を判定します。

やじるし

4、エックス線回析分析法(基底標準吸収補正法)による定量分析

石綿の含有が確認された試料は、ぎ酸で処理して定量分析用の試料を調整し、基底標準吸収補正法によるエックス線回折分析法により定量分析を行い、石綿含有量を求め、石綿含有率を算出します。